QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
棚田を守ろう会
棚田を守ろう会
日本の山村文化の象徴「棚田」
棚田を耕し、山村で暮らす人々が誇りを持って生きていける社会を目指す集団です。

2014年07月13日

輪島視察を終えて

6月26日に輪島市の白米千枚田を棚田を守ろう会のメンバー6名が訪れました。
昨年の棚田サミットで少しお話をさせていただいた程度でしたが、今回快く訪問を受けてくださいました。
輪島市観光課の方々、本当にありがとうございました。

訪れた千枚田でも、やはり同じように高齢化や担い手不足などの問題があるようです(日本全国ですね・・・)。
輪島市は千枚田を観光資源としてかなり活用している様子でした。
田植えなどもすごく大勢の人が訪れて、あっという間に終わってしまうそうです。

ただ、IターンやUターンなどはほとんどないそうで、逆にこちらに興味を持たれたような感じでした。
やはり、棚田はそこに住んで棚田で米を作る人がいないと始まりません。
そういう意味では観光やボランティアに頼るのも限界がありそうです。

田舎に住んで棚田を耕す人が増えないと棚田は守られません。
が、実際は街からサポートしてくれる人も必要です。
色川だけでも輪島だけでもダメなんでしょうね。
日本全国の田舎が手を取り合って頑張っていくしかないのかもしれません。

がんばれ!田舎!  


Posted by 棚田を守ろう会 at 17:19Comments(0)