QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
棚田を守ろう会
棚田を守ろう会
日本の山村文化の象徴「棚田」
棚田を耕し、山村で暮らす人々が誇りを持って生きていける社会を目指す集団です。

2015年10月01日

脱穀が終わりました

9月の終わり、秋晴れの空の下、今年も無事に脱穀が終わりました。
出来の方は昨年の1.5倍程でしょうか。

脱穀前の様子、ナルに掛けられた稲が秋を感じさせます。


昨年は株はしっかりしていたのですが、実入りがイマイチだったので収量は思ったほどありませんでした。
今年は実入りが結構良さそうなので期待大です。

棚田を守ろう会のメンバー10名と2台のハーベスターで一気に脱穀しまくりです。

稲刈りの時のような、のどかな収穫風景とはなりませんでした・・・機械が入ると人間の時間じゃなくなりますね・・・確かに早いですが・・・
あっという間に脱穀が終了。

収量は50袋でした。昨年は約40袋でしたが袋の重さが全然違うので精米した段階で5割増し位かな~と皆の期待。

モミの袋を担いで棚田を歩く。嬉しい重さです。

10月7日には精米した新米を会員の皆様に発送する予定です。
今しばらくお待ちください。
今年もありがとうございました。  


Posted by 棚田を守ろう会 at 09:18Comments(0)