QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
棚田を守ろう会
棚田を守ろう会
日本の山村文化の象徴「棚田」
棚田を耕し、山村で暮らす人々が誇りを持って生きていける社会を目指す集団です。

2010年09月23日

稲刈りが終わりました

9月19日(日)、一般の参加者も交えての稲刈り体験が行われました。
当日の参加者は大人19名、小中学生6名、幼児2名でした。
スタッフとあわせると約40数名での稲刈りとなりました。

今年は周りを鉄のネットで囲ったにも関わらず、イノシシの侵入を許してしまいました。
ここ小阪だけでなく、色川全域でも大きな被害が出ています。
入っているのは大きなイノシシではありません、ウリボウサイズの小さなイノシシです。

ネットの隙間や水路などから侵入しているようで、何とも手に負えないのが現状です。
米のできがそれほど悪くなかっただけに、イノシシによる被害が悔やまれます。

当日は被害にあった稲は刈らず、大丈夫な稲だけを刈りました。
まず、刈った稲の縛り方などを説明、準備ができたら田んぼに行き作業開始。

この日も好天に恵まれ、暑い日でした。
午前中、12時前まで作業して昼食、午後から15時頃まで作業して、約70枚の田の稲が刈り取られました。

写真もたくさん撮っていますので、後ほどこのブログで披露したいと思います。
とりあえず稲刈りのご報告まで。  


Posted by 棚田を守ろう会 at 11:22Comments(0)